職場 ストレス

スポンサーリンク

職場でのストレス

職場でのストレスの減らし方で悩んでいる人は数多くいます。人が多く集まる場所では、誰しもストレスを感じるものです。人間関係をうまく処理できる人は、必ずといっていいほど、このような職場のストレスをうまくかわす方法を知っているといえます。

 

職場でストレスが溜まった場合には、できるだけ職場とは関係のないところで人に迷惑がかからないようにストレスを発散することができれば一番よいでしょう。ストレスの対象となる人というのは、どこに行っても存在します。ですから、人を介しないようなストレス解消の趣味に没頭するなどの方法がよいかもしれません。

 

よいストレス解消法を知っている人は、たいていは自分自身で処理できる人が多いといえます。お酒や家族や他人をいじめてのストレス解消は、あまりよいものではありません。依存症や犠牲者が出ることもありますので、このような他人に転嫁するようなストレス解消法は止めておきましょう。

 

職場のストレスを減らすのに自分でできることはないでしょうか?例えば、運動やスポーツを真剣にやることで、日頃のストレスを忘れることができます。快適に身体を動かし汗を流すことでいつの間にか嫌なことも忘れることができます。また、睡眠時間をいつもより多く取り、とにかく寝てしまうという方法もあります。これが効果的なのは、人間が寝てしまい朝起きたときには、すべて忘れてしまっているからです。厳密には覚えているのですが、思い出すきっかけがなければ、そう簡単には思い出しません。このような簡単な方法でも職場のストレスを軽減することができます。

職場に合わない人がいたら

職場で自分に合わないと思う人がいたらどうしよう。と考える方も多いと思うのですが、人間関係が苦手という人が増えてきている現代では、職場で自分と合わない人とどのように接すれば良いのかを悩む方がいらっしゃいます。

 

もしも人間関係が円満な方がこの問題を耳にしたら、「人と付き合う事でなぜ悩むのだろう?」と首をひねるかもしれません。ですが場所が職場なだけに合わない人がいるという事は、避けては通れない事だという事になるので悩みは大きいと考えられます。

 

これも人それぞれの考え方や性格が関係していると思うのですが、本当ならば職場で気が合わない人がいたとしても、職場は職場だと切り離して考える事ができれば問題は無いと思うのです。つまり職場だから我慢しようという考え方ですね。

 

この考え方ができれば、職場に嫌な人がいても関係ないのですが、どうしてもその人と一緒に仕事をするのが嫌だという事になったら、我慢のしようがありません。でもせっかく就職した職場を辞める辞めないというのでは生活に支障が出ます。

 

そこで、もしも職場で合わないと思った人がいたら、相手の事を良く知る。知ってもダメな場合は仕事上の話以外はできるだけしないようにする。相手を知って仲良くなれるケースもありますからね。合う合わないは別として、これだけは注意しましょう。

 

相手に自分があまり好きではないと思っている事を悟られないようにする事、そして同じ職場の人にその人の話を絶対にしない事です。これさえ守っていれば取りあえずは嫌な思いはしなくて済みます。

職場環境がひどい時には

世の中の職場には職場環境が劣悪な職場もあります。特に正社員の場合は劣悪な環境だった場合に、職場の上司などへ訴える事によって改善する事も可能だと言えなくもありませんが、それが派遣社員だったりしたら言いたくても言えないのが現状ではないでしょうか。

 

それに、男女同権のように言われている現代ですが、根本的にはまだ女性の意見が通りにくいのが現状です。なので例えばタバコの臭いや害虫やねずみなどの害獣の問題で悩む女性がとても多いのです。そんな劣悪な環境でも他の従業員の方が何も感じなければどうしようもありません。

 

すると、職場の環境が悪いと感じている少数派の人が努力をしても、改善する事が難しいという事になってしまうのです。特に臭いや害虫害獣の駆除などについては、耐えられない人には耐えられない事の一つです。なので劣悪な環境である職場の改善をするためにも職場の上司に相談してみてはいかがでしょうか。

 

臭い・害虫・害獣の問題などについては、人によっては我慢ができないものです。なので職場の環境を改善する必要がある事なのです。企業側もタバコの臭いには十分に配慮をするとか、空気の入れ替えをしっかりするためにも完全分煙にするとか、空気清浄機を入れるなどを考えるべきです。

 

ただ、どういうわけか環境のひどい職場というのは、誰もその環境を改善しようとしないという特徴も併せ持っています。どうしても改善して欲しいと頼んでも改善してくれない場合には、職場を変えるという手もありますが、その時には辞める理由をしっかりと書いた方が良いと思います。

 

その職場の上司や従業員が、この職場の環境は辞めてしまうほどひどい環境なんだと認識する機会でもあるので、できるだけ正直に理由を分からせるのも次の人のためにできる事ではないかと思います。

スポンサーリンク